健康・体調管理

メンタルとフィジカルが辛い時「やってはいけないこと」5つ

絶賛不調ウィークが続いております。私です。

 

ここ2~3日「つらーいつらーいしんどーい」しか言ってない!

 

 

でも、ここは私の自由な日記ブログ。

 

誰に気を遣うでもなく正直に気持ちを書くことが本来の目的なのです。

 

今日なんて、メンタルだけじゃなくてフィジカルまで辛い!

 

昨晩びっくりするほどの熱帯夜で、なんか軽く熱中症気味になっちゃったらしく、

頭痛はするは、汗は止まらないはでしんどくて寝れなかったんですよね。

 

しかも、他の部屋のやつが窓を開けてテレビを見ながら爆笑してて(深夜2時ころ)キレそうでした。
でもね、私とてブロガーの端くれ。「つらいつらいー」だけで終わるつもりはありません。

 

ということで、本日はなかなかしんどい状況を繰り返す中で気づいた「メンタルとフィジカルが辛い時にやってはいけないこと」についてまとめます。

 

★お気軽にフォローしてね★




↑ 読者登録お待ちしてます!  
Twitterでも更新情報見られます

コメント&リプも大歓迎です♪

 

1.コーヒーを飲む

 

メンタルやフィジカルが辛い時って、往々にして体が重くてだるくて眠たくなります。

 

そうなると「カフェインでも打ち込んで乗り切ろうかな…」という選択肢が脳をかすめ、次の瞬間濃いコーヒーを飲みたくなります。

 

しかしその結果、元気とやる気が復活することは稀!

 

ただ寝不足で眠たいとか、ぼーっとしている時ならまだしも、PMSでメンタルもフィジカルも辛い時にカフェインを打ち込むと、頭痛が起きたり、気持ちが悪くなったりします。

 

体調が悪いときのコーヒーほどダメなものはないので、欲望に逆らってでも水やお茶を飲むのが正解と気づきました。

 

2.マッサージを受ける

 

メンタルがやられていると、体が本当に重たくてだるくて辛い。

 

特に肩こりや腰痛なんかを感じることが増えるので、「あまりにもつらいからマッサージしてもらおうかな……」と、いう選択肢が脳裏に浮かび、次の瞬間予約の電話をかけてしまいたくなります。

 

しかし、突発的に予約したマッサージで復活することは稀!

 

いつも通っている行きつけや担当者がいる方は別ですが、突発的に思いついて初めての店でマッサージされると、気を遣ったり、イマイチ相性が良くなかったり、揉まれたら痛いところを徹底的にやられたりして逆に疲れます。

 

ひどいときには、施術の途中で具合が悪くなったり、帰り道で頭痛がしたり、夜発熱したりするので気をつけましょう(全部やったことがある)

お店の人にも迷惑だよね!

 

3.「あとちょっと」の作業をやりきる

 

メンタルもフィジカルもヘトヘトだけど、仕事がたくさんある場合。

 

「もしかしたら明日もダメかもしれないから、今日後ちょっとだけ頑張ろう……」と、可能な限り作業を続けたくなります。

 

しかし、そんな状況で作業すると良いことなんて一つもありません。

 

ヘトヘトでフラフラな脳みそでは、いつもの半分以下のパフォーマンスしか出せません。あまりにも出来が悪い場合は、後にやってくる絶好調期の私Bに「誰だよ!こんなゴミみたいな仕事したのは!www」と、どやされて全部やり直しするはめになります。

 

なので、すぐやらないことで他に困る人がいない場合は、無理なんかせずにさっさと休んだほうが良いのです。

 

悪化する前に休めば、明日回復する可能性は高くなるんですから。

 

4.スマホ(特にSNS)を見る

 

メンタルとフィジカルがやられ、ゲナゲナになって横になると「自分はなんてダメ人間なんだ…」と悲しくなりますね。

 

あまりにも無能すぎて悲しいので「せめて横になっていてもできることを…」と、おもむろにスマホを取り出してしまいますが、ゲナゲナのときにスマホを眺めてもほとんど良いことはありません。

 

特にSNSなんか見たら絶対ダメ。メンタルがゲナゲナになってる状態で人のキラキラを見てしまうと目が潰れて、明日も間違いなく回復できません

 

あとニュースとかもやめたほうがいい。なんかイライラしたり、意味もなく考えたりしてメンタルの回復が遅れます。

 

ゲームやマンガ、写真などを見て心を癒やす場合はスマホを見てもいいかもしれませんが、1ミリも楽しいと思わない場合や、一瞬でも面倒な時はすぐに電源をオフにして目を閉じましょう。相当疲れています。

 

5.お酒を飲む

 

体調がものすごく悪い時を除いて、

 

あまりにも「私なんてダメダメなんだわァァっぁん!」となると、だんだんお腹が減ってきますね。

 

この悲しみを乗り越えるためには酒の力が必要だ……と、おもむろに冷蔵庫を開けてプシュッとやりたくなりますが、メンタルとフィジカルがやられているときの飲酒は危険です。

 

とにかく嫌な酔い方をするので、家族に絡んで迷惑をかけるし、最悪体調が余計悪くなります。明日回復したい場合は絶対に飲んではいけません。水でも飲んどいてください。

 

まとめ

 

なんかえらそうに5つも「やってはいけない」と紹介しましたが、基本的に全部自分に言っています。

 

というのも、全部私が毎回やらかしているから。

 

どんなにやめておいたほうがいいとわかっていても、なぜかやっちゃうのがこの5つなんですよね。

 

マッサージなんかは毎回5,000円くらい無駄になるので、ほんともったいないと思うんですけどね……。

 

つらい状態で自分を律するのは
本当に大変ですが、逆に言えば「ここで踏ん張らないから辛いんだぞ!」ってことです。

 

この記事を書く直前まで「今日はもう頑張ったから、酒でも飲むか」と考えていた自分を殴りたい!

 

 

 

そんなかんじで、今日は終わりたいと思います。

 

★お気軽にフォローしてね★




↑ 読者登録お待ちしてます!  
Twitterでも更新情報見られます

コメント&リプも大歓迎です♪

-健康・体調管理

© 2020 ゆるい生活研究レポート